コラム

デジタル薬の可能性

デジタル薬の話をあちこちで聞くようになりました。

ポーザー(株)ではスラックラインを使って、
カラム(株)としてはeMotorSportsで、

それぞれの切り口で脳活性を起こして
デジタル薬としてビジネス展開していきたい。 

どういう方法で効果を高めるか。
ここがキモであります。

About This Author

カラム株式会社カラム株式会社 代表取締役/コミュニティーマネージャー堀江 厚志
制御盤製作会社にて筐体加工から設計・計測装置用プログラミングの業務を担当後、Web制作+パソコンメンテナンスサービスを展開する
【ウェブネクスト】を設立し独立。
その後、起業家育成、地域事業者の交流拠点となるコワーキングスペース[カラム]を運営するカラム株式会社設立。
「自分のやりたいことを仕事に」をテーマに中高生からビジネスマン・起業家まで幅広く支援を行い、エンジニア人材の育成にも力を入れている。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)